思い出した記憶

親の手から逃れ
トイレにかけこみ
鍵をかける

生まれて初めての最初の記憶

小さい自分は○をする場所はトイレの部屋だとわかっていたらしいのだが…
鍵をかけた後自分は寝てしまってトイレから自分を出すのに親は大変苦労したそうな。
ドアノブをぶち壊してゥチの聖域に侵入。

そこで親が見たものは茶色ピラミッドとすやすや眠っているゥチ。


肝心のアレは床にしたらしい。形はピラミッド型だったそうな。


芸術の才能があると勘違いした親でした。

――三歳未満の自分を許せ



最初の記憶がコレとはなんとも悲しい。
クソな記憶。悪い意味じゃなく。

最近朝の六時寝とかの常習犯なってるので眠い眠い目民いです。
時間あわせるために早寝。
[PR]

  by 30300327b | 2005-09-20 20:38 | 三日坊主日記

<< はっ… 無 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE